自転車が積めるルーミーとタンク




ルーミーとタンクはほぼ同じ

フロントまわりや細かいデザインなどは違いますが、使い勝手や性能は全く同じのようです。
好きな顔で選ぶとよいと思います。

また、この2台はトヨタの取扱販売店が違います。

ルーミー↓

 

タンク↓

多彩なシートアレンジ

大荷物の買い物から自転車積載まで幅広く利用できます。

公式ページによると、リヤシートを前方にダイブイン格納させると、自転車を積載できるようになります。
(自転車の形状・大きさによっては積載できない場合もあります。)


↑クリックでオートックワン新車見積もりページに移ります。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>

政府が交通事故防止対策の一環としているものです。

衝突回避支援システム(スマートアシストⅢ)・自動ブレーキ(対歩行者)・ペダル踏み間違い時加速抑制装置などの安全支援装置を搭載しています。

室内

両側パワースライドドアなので、大きな荷物を持っていてもラクラク開閉できます。

後席への乗り込み時の車両の高さは366mmと低く、家族みんなに優しい車です。

後席の窓には、格納式リヤドアサンシェードが付いているため、強い日差しも防いでくれます。

よりお得にクルマを手に入れよう

中古車で探すと、新古車という、自動車メーカーと販売店の事情(決算時の売上計上など)により、ナンバー登録しただけという未使用車にめぐりあえる可能性があります。

また、希望のクルマに対して漠然としたイメージしかない場合でも、例えば「自転車が乗るコンパクトカーのどれか」などという希望も、中古車販売会社ではほぼ全てのメーカーのものを扱っているので、 一度に比べて相談できます。

個々のディーラーをまわるよりはるかに効率よく、それぞれのクルマの利点などの情報を仕入れながら目的の車を探す事ができるので、中古車も視野に入れてみてください。









スポンサーリンク
自転車が乗るコンパクトカー比較
タイトルとURLをコピーしました